外部被ばく/体外被ばく

【読み方:がいぶひばく、分類:原子力】

外部被ばくは、「体外被ばく」とも呼ばれ、放射線を体の外から受けることをいいます。これに対して、放射性物質が身体の内部に入り込み、体内から被ばくすることを「内部被ばく」と言います。

一般に地球上の生物は、宇宙からの宇宙線や大地からの放射線などにより日常的に外部被ばくをしています。また、医療や健康診断のレントゲン撮影でも放射線を受けることがあります。さらに、原子力がエネルギーとして世界中で幅広く使われる中で、原子力発電所等の事故による外部被ばくも可能性としてあります。

なお、被ばくの対象となる放射線には、アルファ線ベータ線ガンマ線エックス線中性子線などがあります。

用語集カテゴリー