雨(あめ)

【英語名:rain、分類:気象】

(あめ)は、空から水滴が落ちてくる天候のことをいいます。これは、大気中の水蒸気が凝結し、水滴となって空から降ってくる現象を指します。その仕組みは、大気中に含まれる水蒸気が上昇気流に運ばれ、上空で冷やされて凝結し、細かな水滴(雨粒)でできたとなって、その雲の中で雨粒が成長し、やがて大きくなった雨粒が重力により地上に落下するというものです。

一般に雨を降らせる雲は、気象学上では、乱層雲、積乱雲、層雲に分類される雲が多く、その他の雲は比較的少ないとのことです。

用語集カテゴリー