異常震域

【読み方:いじょうしんいき、分類:地震】

異常震域は、震度が地震の規模や震央距離(震源距離)に比べて、著しく高くなる地域のことをいいます。これは、通常、地震が発生した場合、震源地(震央)を中心として同心円状に観測される震度が、他の同一震源距離地点より大きい地域を指します。

一般に震源の深い地震(深発地震)などで、このような現象が発生することがあり、日本では、北海道・東北・関東地方の太平洋沿岸地域が異常震域となることが多いです。なお、異常震域が現れる原因としては、主にその周辺地域の地盤の状態によるものと、主にその周辺地域のプレート構造によるものとの二つに分けられます。

用語集カテゴリー