火山性微動

【読み方:かざんせいびどう、分類:火山】

火山性微動は、マグマ(岩漿)や熱水の移動等に関連して発生する、地面の連続した震動をいいます。これは、火山体または火山付近を震源とする地震である「火山性地震」とは異なり、震動が数十秒から数分、時には何時間も継続することがあります。

一般に火山性微動の仕組みは、マグマだまりや火道内でのマグマや火山ガスの固有振動、マグマが地割れの中を移動する際に起こす振動などが原因として考えられます。また、火山の活動が活発化した時や噴火した時などに多く観測されます。なお、気象庁が発表する「火山の概況」の中の微動とは、火山性微動を指します。

用語集カテゴリー