オゾンホール

【英語名:ozone hole、分類:環境】

オゾンホールは、成層圏のオゾン層に形成されるオゾンの激減部分をいいます。これは、地上から20kmから25kmの高さを中心とした成層圏にあるオゾンでできた「オゾン層」において、「オゾン」が極端に薄くなったところを指します。また、その呼称(名前)は、人工衛星の画像で、オゾン層に穴があいたように見えることに由来するそうです。

一般にオゾン層は、太陽からの有害な紫外線を吸収する重要な役割を果たしており、オゾン層が減ったりなくなったりすると、有害な紫外線が地上に大量に降り注ぐため、人体へは皮膚ガンや白内障(失明)等の健康面で悪影響が出るとのことです。現在、その貴重なオゾン層がフロンガスなどによって破壊が進行しており、特に北極・南極といった地球の両極において、オゾンが極端に薄いオゾンホールが出現しており、地球環境において深刻な問題の一つとなっています。

用語集カテゴリー