打ち破り

【読み方:うちやぶり、分類:防犯】

打ち破りは、窃盗犯がガラスを破壊して侵入する「ガラス破り」の手口の一つで、ガラスを道具(ドライバー、バール、ハンマー等)で叩いて破壊し、そこから手などを入れてガラス窓の鍵を開け、侵入することをいいます。これは、ガラスが割れる時の音を侵入者の方で気にせず、誰かが来る前に盗みを働いて逃げようとするもので、特に住宅侵入においては、非常に多い手口となっています。(時には、庭にあるもので、ガラスが割られることもあり)

一般に打ち破りに対抗(防御)するには、破壊されにくい「防犯合わせガラス」が有効です。

用語集カテゴリー