小笠原高気圧

【読み方:おがさわらこうきあつ、分類:気象】

小笠原高気圧は、太平洋高気圧の一種で、小笠原諸島から南鳥島方面に中心を持つ高気圧をいいます。また、太平洋高気圧とは、亜熱帯高気圧の一つで、太平洋に発生する温暖な高気圧をいいます。

一般に小笠原高気圧は、夏季に発達し、日本に南よりの気流を送りこみ、夏の天候を支配します。なお、気象庁では、通常は太平洋高気圧としており、特に強調する必要がある場合に「小笠原高気圧」という用語を用いています。

用語集カテゴリー