外部電源喪失

【読み方:がいぶでんげんそうしつ、分類:原子力】

外部電源喪失は、原子力施設外部の送電系統または原子力発電所の主発電設備の故障などにより、原子力施設の各機器への給電が停止することをいいます。通常、原子力施設では、外部電源喪失によって安全系の設備に給電する電源が喪失した場合に備えて、非常用予備発電装置(非常用ディーゼル発電機)が起動し、原子力施設の安全が確保されています。

しかしながら、2011年3月の福島第1原発事故では、東日本大震災の地震と津波の被害により、外部電源だけでなく、非常用予備発電装置も機能しなくなり、これにより原子炉の冷却ができなくなってメルトダウンや水素爆発などが起って、史上最悪の「レベル7」の原子力事故となりました。

用語集カテゴリー