アスペリティ

【英語名:asperity、分類:地震】

アスペリティは、もともとは「突起」を示す言葉で、地震学では、プレート境界や断層面において固着の強さが特に大きい領域のことをいいます。これは、通常は強く固着していて、エネルギーを溜め込む役目を果たし、あるとき急激にずれて強い地震波を出す領域となっています。

一般に地震時の強震動の分布は、断層面上のアスペリティの位置に左右されるとのことです。また、比較的小さい地震しか起こらない地域がある一方で、大きい地震も小さい地震も起こる地域もあるといった発生パターンの地域性も、その根底にアスペリティの空間分布が関係しているとのことです。

なお、アスペリティは、地震の時だけ大きくずれることから、アスペリティ周辺では、地震の時以外は、地震波を出さないような「ゆっくりした断層の動き」があると言われています。

用語集カテゴリー