大和証券投資信託委託 (大和投資信託)

大和証券投資信託委託は、「大和投資信託(大和投信)」とも呼ばれ、大和証券グループのアセット・マネジメント部門を担う資産運用会社です。1959年の創立以来、資産運用ビジネスのリーディング・カンパニーとして、自社運用に重きを置いて、国内外の株式や債券等への運用実績を積み重ね、様々な投資信託(ファンド)を提供してきました。

大和投資信託では、資産運用会社にとって最も大切なのは「顧客との長期的な信頼関係を構築すること」であると考え、これを実現するために、顧客から大切な資産を預かる者として高い倫理観をもって、運用哲学に基づいた計画的な運用、組織的なリスク管理、分かりやすい情報開示、きめ細かい顧客サポート、顧客の多様なニーズに応える商品提供、コンプライアンス体制の一層の充実など日々努めています。

大和投資信託の沿革

大和投資信託は、日本で最も古くからファンド運用業務に携わってきており、現在、日本を代表する投資信託のリーディング・カンパニーとなっています。

・1937年:藤本有価証券投資組合を設立
・1951年:大和證券を投資信託運用会社として登録、ユニット型投資信託設定
・1952年:国内初のオープン型投資信託を創設
・1959年:大和證券より分離、大和証券投資信託委託として設立
・1973年:国内初、ファンドマネージャー制を導入
・1983年:日本初のセレクト型投信を開発・設定
・1992年:追加型公社債投信「ダイワMMF」を設定
・1995年:投資一任業務を認可
・1998年:投信の銀行窓販を開始
・1999年:持株会社体制のもと大和証券グループの主要会社となる
・2001年:ダイワ上場投信-日経225、トピックスを設定
・2002年:ユニークな分野を開拓した「地域応援ファンド」を設定
・2003年:「ダイワJ-REITオープン」を設定
・2004年:「ダイワSRIファンド」などを設定
・2008年:「ダイワ上場投信・TOPIX-17」シリーズなどを設定
・2012年:本社を移転
・2013年:NISA向け商品に必要な特性を備えたファンドを豊富に設定
・2014年:「ダイワJPX日経400ファンド」やETF「JPX日経400」などを設定

大和投資信託の運用哲学

大和投資信託は、一貫した運用プロセスと組織的なリスク管理体制のもと、ファンダメンタル分析ならびに計量的な分析により、市場価格に反映されていない価値を見出すことを付加価値の源泉とし、中長期的な視点に立った運用を行なっています。

・独自の分析による付加価値の追求
・組織的なリサーチ体制による運用のサポート
・一貫した運用プロセスの維持
・中長期的に安定的な収益の追求
・リスク管理とディスクロージャーの徹底

大和投資信託の運用ファンド

大和投資信託の運用ファンドは、大和証券のほか、同社ファンドを取り扱う証券会社や銀行等、企業の確定拠出年金など幅広い販売チャネルを通じて、多くの投資家に提供されています。

投資信託 株式投資信託
公社債投資信託(MRFMMF・・・)
ETF
(上場投資信託)
ダイワ上場投信-トピックス
ダイワ上場投信-日経225
ダイワ上場投信-JPX日経400
ダイワ上場投信-トピックス・コア30
ダイワ上場投信-東証電気機器株価指数
ダイワ上場投信-東証銀行業株価指数
ダイワ上場投信・TOPIX Ex-Financials
ダイワ上場投信・TOPIX-17 シリーズ 他
確定拠出年金向け
ファンド
ベーシックファンド(パッシブ型ファンド中心)
オプショナルファンド(アクティブ型ファンド中心)

大和投資信託の会社概要

大和投資信託は、日本でトップクラスの運用資産残高のある投信会社です。

商号 大和証券投資信託委託株式会社
〔Daiwa Asset Management Co.Ltd.〕
本店所在地 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
設立 1959年12月
事業内容 投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業
系列 大和証券グループ(大和証券グループ本社の100%子会社)