GMOクリック証券

GMOクリック証券は、GMOインターネットグループのインターネット専業の証券会社です。同社は、2005年10月に東証1部上場のGMOインターネットの子会社の「GMOインターネット証券」として設立されましたが、2007年8月に同グループの金融事業の撤退を受け、資本関係がなくなったため、2007年12月に「クリック証券」に商号変更しました。

その後、2008年3月にベンチャーキャピタル等から出資を受けて増資を行い、さらに2010年10月にGMOインターネットが同証券の株式を取得して子会社化を行いました。(2007年のGMOインターネットの金融事業の撤退時に、同社社長の熊谷正寿氏がGMOインターネット証券の持分株式を全て個人で買い取って、同証券の筆頭株主となっており、2010年にGMOインターネットが熊谷正寿氏より株式を取得して筆頭株主になり、再度子会社化した)

現在、GMOクリック証券は、FXプライムbyGMO、GMO CLICK HONG KONG LIMITEDなどと共に、金融持株会社のGMOクリックホールディングスの子会社となっています。また、設立以来、総合的な金融サービスを目指して、取扱商品の充実に取り組み、より使いやすく、より利便性の高い最先端の取引システムと革新的なサービスを提供すべく邁進しています。

GMOクリック証券の沿革

GMOクリック証券は、2005年10月にネット専業証券として設立されました。

・2005年:GMOインターネット証券という商号で設立
・2006年:株式、FX、先物・オプション取引のサービスを順次開始
・2007年:GMOインターネットグループから独立、クリック証券に商号変更
・2008年:カバードワラントの取扱開始、エキサイトFXを子会社化
・2010年:CFD取引、くりっく365、外国債券の取扱開始
・2011年:外為オプションの取扱開始、GMOクリック証券に商号変更
・2012年:株式移転によりGMOクリックホールディングスの完全子会社化
・2013年:新・外為オプションの取扱開始

GMOクリック証券の取扱商品

GMOクリック証券は、1回のログインで全ての商品を取引できる、ユーザーIDの一元管理方式の「シングル・サインオン」を採用しています。

株式 現物取引、信用取引、NISA
先物・オプション 先物・オプション取引(日経225)
FX FXネオ(店頭取引)、くりっく365(取引所取引)
外為オプション バイナリーオプション(多様な為替相場動向に対応)
CFD CFD取引(株価指数CFD、商品CFD)
eワラント カバードワラント(少額からのレバレッジ投資)
外国債券 先進国と新興国の外国債券

GMOクリック証券の取引ツール

GMOクリック証券は、使い勝手のよい取引ツールが大きな特色となっています。

パソコン はっちゅう君、レーザートレード、プラチナチャート 他
モバイル iClick、モバトレ君、株roid、FXroid、外オプroid 他

GMOクリック証券の会社概要

GMOクリック証券は、GMOインターネットグループのネット証券です。

商号 GMOクリック証券株式会社
〔GMO CLICK Securities, Inc.〕
設立 2005年10月28日
本店所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
上場/非上場 非上場(親会社は上場)
特色 業界最低水準の手数料
簡単操作・高機能な取引ツール
シングル・サインオン(全てのサービスが1つのIDで取引可能)
システム開発力(自社開発)