JPモルガン・アセット・マネジメント

JPモルガン・アセット・マネジメントは、世界最大級の金融持株会社であるJPモルガン・チェース・アンド・カンパニーの傘下にある「JPモルガン・アセット・マネジメント」グループの日本拠点です。本グループは、2004年7月に金融持株会社であるJPモルガン・チェース・アンド・カンパニーとバンク・ワン・コーポレーションが合併したことにより、その傘下の資産運用部門として誕生しました。

現在、「JPモルガン・アセット・マネジメント」グループは、世界最大級の運用資産を有し、グローバルで培ってきた豊富な経験とグローバルなネットワークを最大限に活用し、株式や債券などの伝統的資産からオルタナティブまで、400以上の運用ストラテジーの中から、それぞれの投資家に最適なソリューションを提供するために日々努力を重ねています。また、投資家に対しては、資産運用への理解を深めてもらうための情報発信も「Market Insightsプログラム」を中核に積極的に行っています。

※Market Insightsプログラム:論理的に金融市場や経済を分析する手法を提供することにより、最終的に投資家が感情に左右されることなく、合理的な投資判断を行うための手助けとなることを狙いとして開発。

JPモルガン・アセット・マネジメントの特色

JPモルガン・アセット・マネジメントは、140年を超える運用実績、先進技術を駆使した高度な商品、グローバルネットワークを誇り、急速に変化する時代に対応すべく、幅広い運用サービスを展開しています。

●日本株式

個別企業の徹底した分析に基づくアクティブ運用に強みを発揮。投資対象は、大型株式から小型株式まで網羅。運用手法としてはロング運用からマーケットニュートラル運用まで、またベンチマークを意識した運用から絶対収益を追求する運用まで幅広く行っている。

●外国株式

先進国への分散投資、米国・欧州など地域に特化した運用から、定評あるアジア地域やラテンアメリカ、中東アフリカ、BRICS諸国など新興諸国への投資まで、幅広い運用を手がけている。

●債券

日本国債運用、国債や投資適格債中心のグローバル債券運用に加えて、新興国債券運用、ハイイールド債運用など幅広い運用に強みを発揮している。

●オルタナティブ

株式や債券などの伝統的資産のみならず、ヘッジファンド運用などのオルタナティブ運用の領域においても、世界最大級の運用資産を誇る経験豊富な運用チームを擁している。

●マルチ・アセット

世界の各拠点の運用スペシャリストが、グループ内の専門スキル(株式、債券、転換社債、デリバティブ、カレンシーなど)の連携を図り、マルチ・アセット、マルチ・カントリーの運用を手がけている。

JPモルガン・アセット・マネジメントの会社概要

JPモルガン・アセット・マネジメントは、日本市場に最も早く進出した外資系資産運用会社の一つです。

会社名 JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
〔JPMorgan Asset Management (Japan) Limited〕
所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号 東京ビルディング
事業内容 投資信託委託業務、投資顧問業務、投資一任業務など
位置付け JPモルガン・チェース傘下の資産運用部門グループ