SMBCコンシューマーファイナンス

SMBCコンシューマーファイナンスは、旧社名が「プロミス(PROMISE)」で、SMFGグループのコンシューマーファイナンス業務を行う会社です。同社は、1962年の設立以来、人々の生活や暮らしの変化に合わせて、利便性や安全性の高い個人向けローン商品を開発すると共に、各種相談や契約の受付体制の整備を行うなど、顧客の多様な資金ニーズに迅速に応えられる消費者金融サービスの提供に努めてきました。そして、2012年4月に、更なる成長戦略の実現とより高品質なサービスを顧客へ提供し続けていくことを目指し、SMFGグループの一員となり、同年7月に現社名へ変更しました。

現在、SMBCコンシューマーファイナンスは、SMFGグループにおけるコンシューマーファイナンス事業の中核会社として、安定した経営基盤の下、同社が永年に亘り積み上げてきたノウハウを更に進化させて、本業である金融事業(直接融資)をはじめ、保証事業、海外事業、債権管理事業に重点的に取り組み、国内外のより多くの顧客によりよいサービスを提供しています。

●将来ビジョン(Vision)

お客さまから最高の信頼を得られるグローバルなコンシューマーファイナンスカンパニーを目指す。

●スローガン(Slogan)

あなたの「いま」へ、まっすぐ。

SMBCコンシューマーファイナンスの沿革

SMBCコンシューマーファイナンスは、1962年に庶民金融として誕生し、長い間、消費者金融大手の「プロミス(PROMISE)」として知られ、2012年にSMFGグループの一員となり、「SMBCコンシューマーファイナンス」に商号変更しました。

・1962年:創業者が大阪市に関西金融(後に関西商工)を設立
・1963年:関西商工を関西プロミスに商号変更、消費者金融を創業
・1969年:東京プロミスが発足し、東京進出
・1971年:プロミス、関西プロミス、東京プロミスの3社体制発足
・1974年:関西プロミスと東京プロミスが合併、プロミストラストに
・1978年:天満クレジットを吸収
・1979年:小倉商事を買収
・1980年:グループ5社が合併し、社名をプロミスに変更
・1983年:業界初の自動与信システム稼働、全支店オンライン化
・1992年:香港にPROMISE(HONG KONG)を設立
・1993年:日本証券業協会に株式を店頭登録
・1994年:東証2部に上場
・1996年:東証1部に上場
・1998年:インターネット店舗を開設
・1999年:プロミスJCBカードを発行開始
・2001年:パル債権回収(現・アビリオ債権回収)を設立
・2004年:三井住友FGと広範な業務提携および資本提携
・2005年:アットローンを子会社化、タイにPROMISE(THAILAND)を開業
・2007年:三洋信販を完全子会社化(TOB)
・2010年:中国にPROMISE(SHENZHEN)を開業、三洋信販を吸収合併
・2011年:アットローンを吸収合併、SMFGによる同社の連結子会社化
・2012年:上場廃止、SMFGによる完全子会社化、商号変更
・2013年:中国の4都市でPROMISEを開業

SMBCコンシューマーファイナンスの事業内容

SMBCコンシューマーファイナンスは、創業以来50年以上かけて培ってきた庶民金融に関するビジネススキルやノウハウを活用しながら、本業である金融事業(直接融資)をはじめ、保証事業、海外事業、債権管理事業を展開しています。

金融事業 個人の顧客に対する無担保・無保証の小口資金の直接融資(消費者金融業)。本体では、「プロミス(PROMISE)」を展開。
保証事業 長年培ってきた与信審査や債権管理のノウハウを活かした金融機関向けの保証事業(三井住友銀行ほか地域金融機関等との個人向けローンの保証業務)。
海外事業 長年培ってきた経験やノウハウを活かしたコンシューマーファイナンスの海外展開(香港を中心に、タイ、中国本土で展開している消費者金融事業)。
債権管理事業 長年培ってきた債権管理・回収のノウハウを活かした債権管理事業で、全国の金融機関等との取引(サービサー事業)や自社債権の管理・回収業務。

SMBCコンシューマーファイナンスの会社概要

SMBCコンシューマーファイナンスは、SMFGグループの消費者金融事業の中核会社です。

商号 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
〔SMBC Consumer Finance Co., Ltd.〕
設立 1962年3月20日
本社所在地 東京都中央区銀座四丁目12番15号
事業内容 コンシューマーファイナンス業務