楽天Edy

楽天Edyは、楽天グループの楽天Edyが発行・運営するプリペイド型電子マネーです。これは、事前に入金(チャージ)した金額まで、現金がなくても買い物ができる支払いサービスを提供するもので、現在、おサイフケータイ、またはEdyカードで使え、またEdyカードをiPhoneにパソリで接続すると、iPhoneでEdyカードにチャージしたり、残高を確認することができます。また、その利用可能先については、楽天市場でも街中のお店でも、日本全国37万カ所以上の加盟店で使えます(楽天市場での利用には、楽天Edyリーダーが必要)。

なお、Edy(エディ)という名称は、当初の発行会社であるビットワレットが、ユーロ(Euro)・ドル(Dollar)・円(Yen)に次ぐ第四の通貨になって欲しいとの願いから、各々の頭文字を取る形で付けられたそうです。

楽天Edyの基本事項

楽天Edyは、楽天のプリペイド型電子マネーサービス「楽天Edy」を運営・推進する会社で、Edy事業の企画・運営、カード発行会社・利用店舗の開拓、Edyブランドの管理等を行っています。また、同社の前身であるビットワレットは、ソニーを中心とする11社の出資により2001年1月に設立され、2010年に楽天グループに入り、2012年6月に現在の商号およびブランドに変更されました。

発行会社 楽天Edy株式会社 (楽天100%出資)
支払方式 プリペイド方式
種類 おサイフケータイ
Edyカード
Edyカード+iPhone
Edyカード 楽天ポイントクラブEdyカード
Edy機能付き楽天カード
Edy機能付き他社カード
Edy番号 Edyカードやおサイフケータイに割り振られる固有の番号(16桁の数字)
チャージ上限 5万円(残高)、一回あたりのチャージ額の上限は2万5千円
ポイント ポイントサービスを選択可(各事業者のサービスの中から)
※楽天市場で、楽天スーパーポイントを貯める設定をした楽天Edyで買い物をすると、支払い100円ごとに1ポイント貯まる

楽天Edyの活用ポイント

楽天Edyは、買い物でポイントが貯まるプリペイド型電子マネーで、チャージ(入金)して繰り返し利用することができます。

利用可能先 楽天市場、街中のお店(スーパー、コンビニ、ドラッグストア、ネットショップ、本・CD&DVD、家電、百貨店・モール、服飾・雑貨等、飲食、アミューズメント、サービス、カーライフ、ホテル・旅行、空港・機内販売 他)
チャージ方法 現金、クレジットカード、オートチャージ、楽天会員IDチャージ、auかんたん決済、銀行口座、銀行アプリ(サービス形態により異なる)
残高確認方法 店頭、PCサイト、おサイフケータイ
Edy Viewer Edyカードやおサイフケータイの残高を照会したり、クレジットカードからのチャージ(入金)など、Edyをインターネットで利用するためのサービス(利用にはFeliCaポート/パソリが必要)
ポイント活用 ポイントの活用方法は、各ポイント事業者によって異なる
※楽天スーパーポイントの場合、1ポイントを1円分で交換