グローバル・ソブリン・オープン(グロソブ)

グローバル・ソブリン・オープンは、「グロソブ」とも呼ばれ、三菱UFJフィナンシャル・グループの国際投信投資顧問が運用する世界主要先進国の信用力の高いソブリン債券を主要投資対象とし、国際分散投資を行うファンドをいいます。本ファンドは、1997年12月18日に運用を開始して以来、国際分散投資、高い信用力、定期的な収益分配などの特徴が幅広い顧客層の支持を得て、現在、純資産総額で国内最大級のファンド(投資信託)の一つとなっています。また、ソブリン債券とは、各国の政府が発行する国債や政府機関が発行する政府機関債等をいいます(世界銀行アジア開発銀行などの国際機関が発行する国際機関債のほか、本ファンドにおいては、カナダやオーストラリアなどの州政府債も含む)。

なお、フォンド名については、その名前の通り、「世界主要先進国」の高格付けの「ソブリン債券」を主要投資対象とするファンドを意味し、また販売会社の営業日であれば、原則取得・換金の申込みがいつでも可能なことから「オープン」とし、「グローバル・ソブリン・オープン」と名づけられたそうです。

グローバル・ソブリン・オープンの主なポイント

グローバル・ソブリン・オープンで運用する際には、以下のポイントを理解しておくことが必要です。

・世界主要先進国の信用力の高いソブリン債券を主要投資対象とし、国際分散投資を行う。
・安定的な利子収入の確保と金利・為替見通しに基づく運用戦略により、収益の獲得を目指す。
・複数のファンドをまとめて運用することで資金の流出入管理が容易となり、売買コストの削減効果も期待されるなど、効率的な運用が可能になる「ファミリーファンド方式」で運用を行う。
・毎月決算型・3ヵ月決算型・1年決算型・資産成長型があり、それぞれ決算頻度や当初設定時期、収益分配方針に違いがある
シティ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとして運用を行う。

グローバル・ソブリン・オープンの商品概要

グローバル・ソブリン・オープンは、信用力の高い世界主要先進国のソブリン債券のみに投資を行うことから、投資している債券の元本の安全性や利払いの確実性が比較的高いと考えられる投資信託です。

商品名 グローバル・ソブリン・オープン
商品タイプ 毎月決算型、3ヵ月決算型、1年決算型、資産成長型
投信分類 追加型投信/内外/債券
信託期限 無期限
ベンチマーク シティ世界国債インデックス
委託会社 国際投信投資顧問
投資顧問会社 ウエスタン・アセット・マネジメント