日本のインターネット銀行

21世紀に入って、金融取引が益々大切になる中、メインバンク以外にも預金口座を持つ人が増えています。これまでは、都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、JAバンクなど、地理的な利便性で金融機関を選択することが多かったですが、今日では、「インターネット銀行」という選択肢も非常に身近になっています。

一般にインターネット銀行とは、「インターネットを主な取引チャネルとし、店舗や人員のコストを削減することにより、顧客に有利な金利や手数料等を提供する」ことを基本コンセプトとした新たな形態の銀行で、米国を中心に1995年頃から登場し、日本では2000年頃から営業を開始し、現在では一つの有力な形態として幅広く認知されています。

今日のネット時代において、インターネット銀行は、取引面や決済面などで非常に便利ですので、メインバンクを補完する「サブバンク」として活用してみるのもよいのではないでしょうか?

インターネット銀行の基本情報

2000年代以降、日本でも新しい銀行がいくつか誕生しましたが、世間的に「インターネット銀行」と言われるのは、以下の6行です。

インターネット銀行の商品・サービス比較表

インターネット銀行は、ネットの利便性をいかに活用するかがポイントになり、各行によって商品・サービスの内容に結構違いがあります(直接取扱のみ対象、JNB=ジャパンネット銀行)。

<銀行名> 楽天 JNB ソニー 住信SBI じぶん 大和
普通預金
定期預金
外貨普通預金
外貨定期預金
債券            
投資信託        
FX  
フリーローン
目的型ローン    
住宅ローン    
不動産担保ローン          
保険    
クレジットカード    
公営競技投票      
BIG・TOTO        
海外送金        
金融商品仲介