外国為替証拠金取引(FX)で外貨投資

最近、資産運用(外貨投資)において、外国為替証拠金取引(FX)を利用する人が増えています。これは、インターバンク市場のディーラーのように外国為替(外貨)の売買をリアルタイムに行えるというもので、インターネットやモバイルでの株取引のように気軽に売買ができ、しかも24時間いつでも取引ができます。また、売りと買いの両方のポジションを取ることができるため、外国為替市場の変動により、円高になろうと円安になろうと常に収益機会があります。

一般に外国為替証拠金取引(FX)は、証拠金方式のため、レバレッジ効果があり、利益も損失も大きい「ハイリスク・ハイリターン型の取引」となっています。

外国為替証拠金取引(FX)の仕組みは?

外国為替証拠金取引(FX)は、簡単にいえば、証拠金を元手にして、その1~25倍等の外国為替(外貨)を売買(取引)できるというものです。外貨預金外貨MMFは「買って売る」の取引しかできませんが、外国為替証拠金取引は「買って売る、売って買う」の両方の取引ができ、しかもリアルタイムの為替レートで、低い為替手数料で取引ができます。

よく外国為替証拠金取引は「危険なのでやめた方がいい・・・」という人がいますが、それは使い方によるかと思います。例えば、レバレッジ25倍の外国為替証拠金取引で100万円の証拠金がある時、レバレッジ25倍の取引(2500万円分)をすれば、非常にハイリスク・ハイリターンなのは確かです。しかし、この場合において、レバレッジ2倍程度(200万円)の取引をするのであれば、リスクとリターンは2倍程度に抑えられるので、それ程リスクは大きくありません。また、1000通貨単位(10万円程度)で取引できる会社であれば、数度に分けて取引すれば、ドルコスト平均効果や時間分散により、さらにリスクを小さくすることができます。

個人的には、外貨預金で100万円を1回で取引するより、外国為替証拠金取引(100万円の証拠金)で、最大200万円程度(レバレッジ2倍)の取引を10万円単位で20回する方がリスクも小さく、収益性も高いと思います。

取引内容 外国為替の売買
分類 店頭取引、取引所取引
特色 証拠金の1~25倍等の取引が可能・・・会社による
取扱通貨 ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、スイスフラン/円、南アフリカランド/円、香港ドル/円、シンガポールドル/円、ユーロ/ドル、豪ドル/ドル、ポンド/ドル、ユーロ/ポンド、ドル/スイス 他
リターン インカムゲイン・・・スワップポイント
キャピタルゲイン・・・為替売買益
リスク 価格変動リスク信用リスク、レバレッジリスク
税金 雑所得(申告分離課税)
取扱機関 外国為替取引専門会社、証券会社、銀行、商品取引会社 他

外国為替証拠金取引(FX)の収益の考え方は?

外国為替証拠金取引(FX)の収益を考える場合、外貨預金や外貨MMFと同様に為替相場に注意しなければなりません。その仕組みとして、外貨を安い値段で買い、それを高い値段で売れば利益になり、また逆に高い値段で売り、それが安くなったときに買えば利益になります。このように、相場の上昇局面(円安)だけでなく、相場の下落局面(円高)でも収益を上げることができるので、いつでも収益機会があります。また、外国為替市場はグローバルなので、24時間いつでも売買ができます。

次に外国為替証拠金取引では、為替相場とともに、レバレッジにも注意する必要があります。レバレッジとは「てこの原理」として説明されることが多いですが、小額の証拠金(担保)で大きな取引が可能なため、投資資金に対する損益率は大きくなります。例えば、1ドル=110円で1万ドルの外貨を買う場合、外貨預金や外貨MMFですと110万円程度の資金が必要ですが、証拠金取引(レバレッジが10倍)ですと10万円程度で取引ができます。また、1万ドルの取引であれば、1ドルが1円変動するだけで1万円の損益が発生し、さらにスワップポイントも1万ドルに対して発生しますので、投資効率が非常に高いと言えます。

外国為替証拠金取引(FX)の収益の事例は?

100万円の証拠金で、豪ドル/円を1豪ドル=95.00円で1万豪ドル買い、10日後に96.00円で1万豪ドル売りの取引をした場合、収益(純利益)の計算をしてみると・・・。

純利益=為替の差損益+スワップポイントの受払い額-手数料

・(96.00円〔売値〕-95.00円〔買値〕)×1万豪ドル=10,000円(為替差益)
・10日分のスワップポイント※=60×10=600円
・10,600円(為替差益+スワップ)-0円(往復手数料※)=10,600円(純利益)

※スワップポイントは毎日変動、上記では1万通貨あたり60円/日と仮定
※手数料は会社によって異なる、上記は手数料無料の場合