日本国の基本情報

日本国は、ユーラシア(アジア)大陸の東方にある、北海道・本州・四国・九州および周辺諸島からなる立憲君主制の国(島国)です。伝説上は、西暦紀元前7世紀に建国されたとされ、また日本書紀(奈良時代の歴史書)の記述では、九州日向国に生まれた神武天皇(第1代天皇)が東征を行い、大和国橿原宮で天皇に即位した時を持ち、日本国は建国されたとしています。

現在、日本は、世界有数の貿易立国であり、貿易収支の黒字が大きく、外貨準備高は中国に次いで世界第2位です。また、世界一の対外純資産保有国であり、世界最大の債権国となっています。

日本国の特色-強みと弱み

強み(優位性) ・世界第3位の経済大国
・世界最大の債権国
・世界的に競争力の高い製造業やハイテク産業
弱み(問題点) ・膨大な財政赤字(国と地方の借金)
・将来の人口減少と人口高齢化(国の活力低下)
・政治と行政の停滞(問題の先送り、構造改革への抵抗)
・食糧と資源の高依存度(海外からの安定調達の不安)

日本国の概要-基本事項

国名 日本国(Japan)
面積 377,972平方km
人口 1億2,696万人(2016年6月)
首都 東京
民族 日本人、在日韓国人、在日朝鮮人、アイヌ人 他
言語 日本語
通貨 日本円
宗教 神道、仏教 他
政治体制 立憲君主制(天皇)
行政区分 1都1道2府43県
主要産業 製造業、サービス業
主要輸出品目 自動車、鉄鋼、半導体等電子部品、自動車部品、原動機、有機化合物、科学光学機器、プラスチック、電子回路等、非鉄金属 他
主要輸入品目 原油及び粗油、LNG、衣類・同付属品、半導体等電子部品、通信機、 石油製品、医薬品、電算機類、石炭、非鉄金属 他
主要輸出相手国 米国、中国、韓国、台湾、香港、タイ、シンガポール、ドイツ、オーストラリア、ベトナム
主要輸入相手国 中国、米国、オーストラリア、韓国、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、台湾、マレーシア、タイ、ドイツ
外貨準備 外貨資産(外国債券、外貨預金)-米国債中心
IMFリザーブポジション
SDR(IMFが発行している通貨の一種)
金(Gold)
備考 世界有数の地震大国

金融経済データ集