日本の社会保障給付費の推移

社会保障給付費とは、自己負担分を除いた、医療や介護、年金などの社会保障制度によって、国や地方公共団体から国民に給付される金銭・サービスの年間合計額のことをいいます。ここでは、日本の社会保障給付費の推移についてまとめてみました。

※参照元:国立社会保障・人口問題研究所|社会保障統計年報

<日本の社会保障給付費:1990年-2013年(億円)>

年度 給付費計 医療 年金 福祉その他
2013年 1,106,566 353,548 546,085 206,933
2012年 1,085,568 346,230 539,861 199,476
2011年 1,075,061 340,621 530,747 203,693
2010年 1,046,914 329,190 529,831 187,894
2009年 1,011,117 314,128 523,447 173,541
2008年 953,741 301,931 501,854 149,956
2007年 927,141 295,530 488,819 142,791
2006年 903,078 286,924 478,897 137,258
2005年 884,979 281,608 468,386 134,985
2004年 858,091 271,285 455,188 131,618
2003年 842,800 266,132 447,845 128,823
2002年 835,895 262,818 443,781 129,296
2001年 814,112 266,274 425,714 122,124
2000年 781,334 259,975 412,012 109,347
1999年 750,405 263,970 399,112 87,323
1998年 721,421 254,004 384,105 83,312
1997年 694,016 253,008 363,996 77,012
1996年 675,462 251,702 349,548 74,212
1995年 647,191 240,520 334,986 71,685
1994年 604,609 228,656 310,084 65,869
1993年 567,986 218,059 290,376 59,550
1992年 538,231 209,395 274,013 54,823
1991年 501,303 195,056 256,145 50,103
1990年 472,166 183,795 240,420 47,951

金融経済データ集