GOP(Gross Operating Profit)

読み方: じーおーぴー
英語名: Gross Operating Profit
分類: 財務諸表/損益計算書

GOPは、ホテル業界で使われる用語で、"Gross Operating Profit"の略で、日本語では「営業粗利益」や「営業総利益」と訳されます。これは、ホテル全体の営業収入から、売上を上げるために直接関係する営業費用を差し引いた金額を指します。また、固定資産税や賃料、減価償却費、支払利息などの「その他営業費用」は、ホテルが営業する上では必要不可欠ですが、一方で売上には直接関係しないため、GOPを計算する際には含まれません。

一般にGOPは、売上を上げると共に、費用も削減しないと高められないため、ホテル運営がうまくいっているかどうかを見る指標として重視されています。また、売上に対するGOPの比率(GOP率)を算出して、経営指針の一つとしても役立てられています。ちなみに、GOP率の理想値については、シティホテルでは20%以上と言われており、また人件費をはじめとする運営費が抑えやすい宿泊主体型ホテル等では、GOP率が高くなる傾向があります。

GOPの算出

GOPは、一般的な営業利益の概念とは少し異なり、GOPに含まれる費用は、ホテルオペレーターの責任範囲に限定されます。また、一般的な営業利益は、ホテルオーナーが責任を持つことになります。

GOP=営業収入-営業費用

●営業収入

客室部門収入、レストラン部門収入、宴会部門収入 他

●営業費用

人件費、レストランや宴会の料理・飲料等の材料費、業務委託費、水道光熱費、修繕費、消耗品費、リネンサプライ費、販売手数料、広告宣伝費 他

営業利益=GOP-その他営業費用

●その他営業費用

固定資産税、賃料、減価償却費、支払利息 他

GOPと運営委託費用

ホテル業界において、運営受委託形式で営業しているホテルの場合、ホテルオーナーがホテルオペレーター(運営会社)にマネジメントフィーと呼ばれる運営委託費用を支払いますが、通常、運営委託費用は売上を基準にするのではなく、GOPの何%といった契約で支払われることが多いです。