売上高営業利益率

読み方: うりあげだかえいぎょうりえきりつ
分類: 財務・会計|財務分析

売上高営業利益率は、企業の売上高に対して、営業利益が占める割合(比率)を示す財務指標をいいます。これは、企業の通常の事業活動から稼ぎ出す利益についての収益性(利益率)が判断できるもので、企業の「本業の収益力の強さ」が分かり、具体的には、本比率が高ければ高いほど、本業で利益を生み出す力が高いということになります。また、営業利益とは、損益計算書において、「売上総利益(粗利益)」から「販売費及び一般管理費(販管費)」を差し引いた後の利益のことをいいます。

一般に売上高営業利益率を使って分析する際には、同業他社や業界平均値、過去の比率などと比較して分析する以外に、売上総利益率と組み合わせて使うのがよいです。その分析視点としては、売上総利益率が高いにもかかわらず、本比率が低い企業の場合、販管費(人件費や広告宣伝費、事務所費等)がかかりすぎている可能性があります。一方で、売上総利益率はそれほど高くないのに、本比率が他社よりも高い企業の場合、営業努力や経費削減を積極的に行っていると見ることができます。なお、営業利益と売上高営業利益率が過去数年間に渡って大きく低下している企業については、本業が傾いている可能性が高いので要注意と言えます。

・売上高営業利益率(%)=(営業利益÷売上高)×100