売上原価率

読み方: うりあげげんかりつ
分類: 財務・会計|財務分析

売上原価率は、売上高に占める売上原価の構成比率をいいます。また、売上原価とは、企業が商品やサービスを仕入れたり、製造したりする時にかかる費用(仕入原価、製造原価)のことをいいます。

一般に売上原価率は、企業の収益力を示す指標の一つで、この比率が上昇している場合は、売上原価がかさみ、利益を確保しにくくなっている状況を示します。また、売上原価率と表裏の関係にある指標として「粗利益率(売上高総利益率)」があり、これは売上高に占める粗利益の構成比率で、販売している商品(製品)やサービスの利益率(マージン率)が高いかどうかを示します。ちなみに、売上原価率と売上総利益率を合計すると1(100%)となります。

なお、財務分析において、売上原価率を活用する際には、業種や業界、企業規模などによって数値が大きく異なるため、その企業の時系列での数値の変化や、同業の競合企業の数値との比較などをチェックすることがポイントになります。

・売上原価率(%)=(売上原価÷売上高)×100