現金預金比率

読み方: げんきんよきんひりつ
英語名: Cash to Debt Ratio
分類: 財務・会計|財務分析

現金預金比率は、「現預金比率」とも呼ばれ、企業の短期支払能力(安全性)を見るための財務指標で、現金預金流動負債で割ったものをいいます。これは、現金・預金に対する流動負債の割合であり、すぐに支払いが可能な現金・預金のみで支払能力を測定(把握)するため、通常、当座資産(現金・預金、受取手形売掛金、短期保有の有価証券など)に対する流動負債の割合である「当座比率」よりも、さらに厳しく支払能力を見る場合に利用されます。

<企業の支払能力を見るための財務指標>

・現金預金比率(%)=(現金・預金÷流動負債)×100
当座比率(%)=(当座資産÷流動負債)×100
流動比率(%)=(流動資産÷流動負債)×100