任意積立金

読み方: にんいつみたてきん
分類: 勘定科目(B/S)

任意積立金は、貸借対照表(B/S)の「純資産の部」に位置する、利益準備金以外の利益剰余金である「その他利益剰余金」のうち、株主総会の決議などで、会社が任意に積み立てるものをいいます。これには、特定の目的がある「目的積立金」と、特定の目的がない「無目的積立金」の二つがあります。

一般に目的積立金には、技術研究積立金や新築積立金、事業拡張積立金、設備拡張積立金、退職給付積立金、役員退職慰労積立金、配当平均積立金、偶発損失積立金、修繕積立金など様々なものがあります(会社によって異なる)。一方で、無目的積立金には、利用目的を限定せずに利益を留保する「別途積立金」があります。

なお、財務諸表の貸借対照表(B/S)においては、任意積立金という勘定科目は存在せず、上記のような「具体的な名称の積立金」として記載されています。