安全余裕率

読み方: あんぜんよゆうりつ
分類: 財務・会計|財務分析

安全余裕率は、「安全余裕度」とも呼ばれ、コスト・販売量・利益の関係を分析する「CVP分析」の指標の一つで、損益分岐点に対して、実際の売上高がどれくらい余裕(安全性)を持っているかを示す指標(比率)をいいます。これは、売上高が損益分岐点(売上と費用が等しく利益がゼロとなる点の売上高)をどの程度上回っているかについて、その程度を比率(%)で表わしたものをいい、通常、本数値が高いほど赤字に転落する危険性が低いことを意味します。

一般に損益分岐点が低く、高い売上高を上げている会社では、安全余裕率が高くなる一方で、損益分岐点が高く、それを少ししか上回れない売上高しか上げられない会社では、安全余裕率が低くなります。なお、本指標を改善するためには、限界利益率を向上させるか、固定費を圧縮する必要があります。

・安全余裕率={(売上高-損益分岐点)÷売上高}×100
・安全余裕率=1-損益分岐点比率