売上高伸び率

読み方: うりあげだかのびりつ
分類: 財務・会計|財務分析

売上高伸び率は、「売上高成長率」とも呼ばれ、当期の売上高が前期に比べて、どのくらい伸びたかを示す財務指標をいいます。これは、分析にあたっては、過去5年間程度の数値の変化に注目し、実際の推移をもって判断することが望ましいとされます。また、売上高は、企業の成長性や規模の拡大を測る基本的な尺度であり、前期より増加すれば「増収」、減少すれば「減収」を意味します。

一般に売上高伸び率が高くても、それが市場(その企業が属するマーケット)の成長率や物価の上昇率などを下回っている場合には、実質的な売上高の減少(企業の成長性の低下)が起きていることを意味するので注意が必要です。また、本指標が急激な売上拡大に伴って大きく伸びた場合には、借入金が大きく増加したり、社内管理体制が追いつかなかったりするなどの事態(問題)が生じることもあるので、バランスの取れた成長であるかをチェックすることも必要です。

・売上高伸び率={(当期売上高-前期売上高)÷前期売上高}×100