99%減資

読み方: きゅうじゅうきゅうぱーせんとげんし
分類: 財務・会計|減資

99%減資は、資本金を100分の1に減少させることをいいます。これは、株主に財産の払い戻しを行わず、計算上、資本金額を減少させ、純資産が資本金額に満たない資本欠損の場合に資本金を純資産額以下にする場合に行われる「無償減資」で、その仕組みは、帳簿上、資本金額が変更されるだけで、会社財産は減少せず、一株の資産も変わりません。

一般に99%減資だけでは、既存株主の権利と株主価値には影響はなく、時価総額が一定額以上であれば、上場が維持される可能性があります。ただし、通常は、経営再建の一環として99%減資が行われ、それと同時に増資を行って資本増強する場合が多いため、結果として、既存株主の権利と株主価値が毀損されるケースが多いです。