株主割当増資

読み方: かぶぬしわりあてぞうし
分類: 財務・会計|資金調達

株主割当増資は、「株主割り当て」とも呼ばれ、企業が新株発行にあたって、新株の割り当てを受ける権利(新株予約権)を既存の株主に与えて行う増資のことをいいます。通常、株主は、その保有株数に応じて有償で新株を割り当てられますが、割り当てを受けた株主に申し込みや払い込みを行う義務は特になく、申し込みがなければ権利は失権することになります。また、新株の払込金額は、株式市場での時価とは関係なく設定され、基本的には既存株主の経済的利益を害することがないことから、時価より低い払込金額で発行されることが多いです。

一般に株主割当増資は、資金調達が比較的確実であることや、増資の前後を通じて株主構成や持分割合に大きな変化が生じないことなどがメリットとして挙げられます。なお、資金調達のために新株を発行する増資には、本方式以外に、特定の第三者に新株を引き受ける権利を与える「第三者割当増資」や、広く一般投資家を対象に株主を募集し、新株の割当を受ける権利を与える「公募増資」などがあります。