キャッシュフロー計算書

読み方: きゃっしゅふろーけいさんしょ
英語名: Cash Flow Statement
分類: 財務・会計|財務諸表

キャッシュフロー計算書は、企業のキャッシュの増減を一会計期間で示した財務諸表をいいます。これは、企業の一会計期間のキャッシュインキャッシュアウトを捉え、キャッシュの期首残高に加減算してキャッシュの期末残高を計算する形式で、企業のキャッシュの流れを計算して表示しています。また、キャッシュとは、現金及び現金同等物のことを意味し、具体的には、普通預金当座預金などの要求払い預金、預入期間が3カ月以内の定期預金リスクが僅少な短期投資等その他の現金同等物から構成されます。

一般に企業の活動は、営業活動、投資活動、財務活動といった三つの区分に分けることができ、キャッシュフロー計算書には、企業のキャッシュフローを当該三区分に分けて記載することになります。また、キャッシュフロー計算書は、貸借対照表や損益計算書と同じく財務諸表の一つに位置付けられており、これらは相互に密接な関係があります。

キャッシュフロー計算書の構成

●営業キャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローには、営業損益計算の対象となる取引に係るキャッシュフローの情報が記載されており、企業が一年間に本業でどのくらいのキャッシュを生み出せたかが分かるため、最も重要です(商品の販売やサービスの提供など、日々の営業活動から得たキャッシュ量が表示されている)。

●投資キャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローには、固定資産の取得や売却、有価証券の取得や売却、貸付の実行や回収などの投資活動に関係するキャッシュフローの情報が記載されています。また、営業キャッシュフローと投資キャッシュフローを足して「フリーキャッシュフロー」が求められます。

※経常的に設備(更新)投資を行っている場合、投資活動による正味のキャッシュフローはマイナスとなる傾向がある。

●財務キャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフローには、資金の調達と返済によるキャッシュフローが記載されています。具体的には、資金の調達には、新規の借入借り換え、社債の発行、新株の発行などが含まれ、また資金の返済には、既存分の借入の返済、社債の償還、株主への配当金の支払いなどが含まれます。

キャッシュフロー計算書の位置づけ

●キャッシュフロー計算書と貸借対照表の関係

キャッシュフロー計算書は、期首の貸借対照表の現預金(キャッシュ)と期末の貸借対照表のキャッシュの増減を説明する役割を担っています。

●キャッシュフロー計算書と損益計算書の関係

キャッシュフロー計算書は、損益計算書で計算された一会計期間の利益がどの程度キャッシュとなったかを説明する役割を担っています。