加重平均資本コスト(WACC)

読み方: かじゅうへいきんしほんこすと
英語名: Weighted Average Cost of Capital(WACC)
分類: 財務・会計|財務分析

加重平均資本コストは、「WACC(ワック)」とも呼ばれ、株主資本コストと負債資本コストを加重平均したものをいいます。これは、株主や債権者(金融機関等)から資金調達するのに必要なコストであり、ローンや社債の金利株式配当キャピタルゲイン(値上がり期待)を数値化したものとなっています(金利と同様、%で表示)。

一般にWACCは、株主資本コストと負債資本コストの両方をカバーし、株主と債権者を共に満足させることが必要なため、企業が最低限達成すべき期待(要求)収益率となっています(企業価値の向上にはWACCを上回るROICが必要となる)。また、企業買収や企業評価、投資案件の評価をする際には、最低限達成すべき投資利回りの基準となっています。

なお、上場会社には、WACCを下げることを一つのミッションとするIRの部署があり、適切な情報開示をすることによって、投資家のリスク認識を下げ、要求収益率を下げようとしています。

●株主資本コストの算出

通常、CAPM(Capital Asset Pricing Model:資本資産価格モデル)と呼ばれる理論に基づいて算出される。

●負債資本コストの算出

債権者が期待する収益率であり、有利子負債利子率(支払利息÷有利子負債残高)や社債の利回りとして算出される(支払利息は節税コストを考慮して税引後で計算)。

※WACCの算出において、負債比率と株式比率は、時価を基準にする(実務では、負債の時価を簿価で代用することが多く、また株式には時価総額を用いる)。