累積欠損金

読み方: るいせきけっそんきん
分類: 財務・会計|貸借対照表

累積欠損金は、営業活動によって欠損が生じた場合に、繰越利益剰余金や利益積立金資本剰余金などにより補填できなかった各事業年度の損失額(赤字額)が累積されたものをいいます。これは、公営水道事業者や公営バス事業者、自治体病院など、地方公営企業法を適用している公営企業の経理用語の一つで、貸借対照表においては「当年度未処理欠損金」と同義です。また、累積欠損金比率とは、事業体の経営状況が健全な状態にあるかどうかを累積欠損金の有無により把握しようとするもので、営業収益に対する累積欠損金の割合をいいます。

一般に累積欠損金を生じさせる減価償却費は、現金の支出を伴わないため、これを原因とする損失額により生じた累積欠損金が事業全体の資金不足に直接つながるものではありませんが、一方で経営の健全性においては何らかの課題があると言えるので、より一層の収益力の向上を図ることが求められます。