DSCR

読み方: でぃーえすしーあーる
英語名: Debt Service Coverage Ratio
分類: 財務分析

DSCRは、「Debt Service Coverage Ratio(デット・サービス・カバレッジ・レシオ)」の略で、日本語では「元利金返済カバー率」と呼ばれます。これは、「CFADS/Debt Service」で定義され、具体的には、各年度毎の元利金返済前キャッシュフローが、当該年度の元利金支払所要額の何倍かを示す比率となっています。

 DSCR=CFADS/Debt Service

●CFADS

「Cash Flow Available to Debt Service」の略で、借入金(融資)の返済に充てられるキャッシュフロー。事業毎に定義される。

●Debt Service

融資を受けた金融機関に対する支払利息と元本返済の合計額。

一般にDSCRは、金融機関が融資を行う際に参考とする、企業等の元利金支払(返済)の余裕度を見る財務指標で、この数値が大きいほど、返済面で余裕があると言えます。また、プロジェクトファイナンスなどでは、財務制限条項として、契約上、DSCRを一定比率以上に維持する旨を誓約させることも多いです。

なお、DSCRの水準は事業によって異なり、1倍を下回ると借入金を返済できない状態にあることを示すので、通常、低リスク案件で1.2以上、ハイリスク案件で1.5以上が望ましいとされます。ちなみに、DSCRの改善には、初期費用や年間経費、借入比率などがポイントになります。