DPS

読み方: でぃーぴーえす
英語名: Dividend Per Share
分類: 財務分析

DPSは、「Dividend Per Share」の略で、一株当たり配当金のことをいいます。これは、各決算期の後に株主総会で決議される一株当たりの現金配当の額(合併交付金、株式移転交付金、株式交換交付金を含む)であり、また支払済みの年間配当金を発行済株式数で割ったものです。

一般にDPSは、株主に還元される「一株当たりの年間配当額」のことであり、企業が当期純利益から配当金をどの程度支払っているのかを示す「配当性向(%)=(DPS÷EPS)×100」や、株価に対する配当金の割合を示す「配当利回り(%)=(DPS÷株価)×100」などの計算にも使われます。

なお、DPSは、上記以外に、放射能用語の「Disintegrations Per Second」、ゲーム用語の「Damage Per Second」、物流用語の「Digital Picking System」、船舶用語の「Dynamic Positioning System」など、様々な略としても用いられています。