昨対比

読み方: さくたいひ
分類: 財務分析

昨対比(昨対)は、「昨年対比」の略で、昨年度の計数(数字)に対して、今年度の数字がどれだけかを表す指標をいいます。これは、「前年対比(前年比)」と同義で、企業においては、経営指標や財務指標などで使われ、具体的には、売上や利益、客数、単価、販売数、受注件数といった成果を表す指標として注目されます。

一般に昨対比は、パーセント(%)表示の「(今年の数字÷前年の数字)×100」で計算されることが多く、企業経営においては、年度中に昨対比をいかに上昇させるかが課題となります。なお、昨年の数字に対して今年の数字が小さくなった場合を「昨対割れ」と言います。