消費寄託

読み方: しょうひよたく
分類: オルタナティブ投資|現物保管

一般に純金積立プラチナ積立で購入したプラチナは、取扱会社が保管することになり、その保管方法には「特定保管」と「消費寄託」の二つがあります。

この二つの中で、消費寄託とは、純金積立やプラチナ積立の加入者が、購入した金やプラチナと同等・同量の現物の返還を請求する権利を有するも、その所有権はあくまで取扱会社の方にある保管方法をいいます。そのため、取扱会社が万が一倒産した場合には、積み立てた金やプラチナは債権者などへの返済に充てられ、加入者に返還されない可能性があります。

なお、消費寄託では、取扱会社が金やプラチナをリース市場などで自由に運用できるため、運用益の一部を加入者に還元できるケースが多く、この場合、利息が付かないという金やプラチナの弱点を補える利点があります。