国庫短期証券

読み方: こっこたんきしょうけん
英語名: Treasury Discount Bills (T-Bill、TDB)
分類: 債券|分類

国庫短期証券は、日本政府が2009年2月から発行を開始した、発行時に割引されて発行される償還期限が1年以内の割引債(短期国債)をいいます。これは、財務省が償還期限が1年以内の短期国債について、それ以前に2種類発行していたものを統合したもので、償還期間は2カ月・3カ月・6カ月・1年の4種類となっています。

2009年までは、短期国債には、外国為替市場での為替介入の資金など特定の目的の資金調達に発行する「政府短期証券(FB)」と、歳入を賄う普通国債の一種である「割引短期国債(TB)」の2種類があり、主に機関投資家に販売していました。当時は、FBTBを別々に発行していたため、財務省が必要としていた金額と、実際に調達できた金額が食い違うことも度々ありました。そのため、財務省は、この2つの統合発行により、必要な短期資金を柔軟に調達できるようにして、さらに金利負担も減らせることを見込みました。

なお、国庫短期証券は、割引債であることから、償還時において発行時に払い込んだ購入金額と償還金額の間に差額(償還差益)が発生します。本来であれば、この償還差益に対して所得税も課されますが、国庫短期証券は法人のみに保有が限定されているため、発行時において源泉徴収は行われず、法人税および地方税が課されることになります。