アモチゼーション

英語名: Amortization
分類: 債券|経理処理

アモチゼーションは、略して「アモチ」とも呼ばれ、債券額面より高く取得して満期まで保有する場合に、その償還差損を期間按分して、簿価を平均的に引き下げていく会計処理の方法をいいます。これは、償還時にその損失を一度に計上する代わりに、所有期間に応じて均等に分散して計上することであり、本処理を行うと、各期の利回り単利)は年々大きくなっていきます。

一般に債券投資において、ある債券を償還(額面)金額と比べて高い価額(オーバーパー)で取得した場合、償還時に額面と取得価額の差額相当分の償還差損(損失)が一度に発生します。このような状況に対して、投資家は損失を満期日の属する決算期に集中させずに、平準化させて期間収益の安定化を図りたいと考えることがよくあります。このようなニーズに対応する会計処理が「アモチゼーション」で、所有期間に応じて均等に分散して損失を計上することによって、債券の帳簿価額がその分だけ引き下げられ、期間収益の安定化を図ることができます。

なお、会計上、アモチゼーションを選択するのは任意ですが、選択した場合は、所有する全ての債券に均一採用しなければなりません。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。