永久劣後債

読み方: えいきゅうれつごさい
分類: 債券|分類

永久劣後債は、発行体が法的に倒産した際の清算時において、通常の債権よりも弁済順位が低い「劣後債」のうち、償還期限のないものをいいます。これは、発行体が倒産した場合の残余資産の分配において、当該債務より優先する債務の全てが弁済されるまで、当該債権に対する分配が行われない仕組みとなっており、一方で投資家にとっては、通常の債権より利回りが高く設定され、有期債と比べて高いクーポンレートが付いているため、運用面でメリット(魅力)があります。ただし、発行体は、期限前償還条項を付けて随時償還を行うことが慣例となっており、投資家には定められた償還日償還されないなどのリスクも伴います。

一般に永久劣後債は、自己資本的な性質が高く、またBIS規制で自己資本への補完的項目(Tier2)への算入が一定限度まで認められていることから、現在、自己資本を増強しようとする銀行などの金融機関にとって、株式による調達以外の自己資本増強の有効な手段となっています。なお、金融機関が発行する永久劣後債で期限前償還を行う場合は、通常、金融庁の事前承諾を得た上で、発行体の任意にて期限前償還が行われます。