交付国債

読み方: こうふこくさい
分類: 債券|分類

交付国債は、国の借金の一種で、国が資金を配分する代わりに発行する国債(債券)をいいます。これは、債券の発行による発行収入金を伴わず、出資金の払込みや弔慰金の支払い、損失補償金など、国が金銭の給付に代えて交付するために発行するもので、通常の国債(普通国債)とは仕組みが異なります。また、その一身専属的な性格から記名式となっていて、原則として譲渡やその他の処分ができないことになっており、交付相手の機関や個人などが申し出るまでは、現金の支払いが繰り延べられる小切手のような性質を持ちます。

一般に交付国債は、利子が付かず、発行時に全額予算計上する必要がないため、国の財政悪化を当面防ぐことができるという利点があります。なお、換金する時点では、一般会計などで財源を手当てする必要があります。