NGN

読み方: えぬじーえぬ
英語名: Next Generation Network
分類: IT

NGNは、"Next Generation Network"の略で、日本語では「次世代ネットワーク」と呼ばれ、音声や映像、データ通信などを一つの通信回線でやりとりができる「インターネット・プロトコル(IP)技術」をベースにした通信キャリアの統合ネットワークをいいます。これは、インターネットより広い帯域を、安心かつ安全な形で使える、幅広い可能性を持ったIPネットワークと言えます。

一般にNGNでは、これまで通信技術やサービス毎に個別に構築されてきた通信キャリアのネットワークを、高速なIPネットワークに統合することにより、多くのサービスで高速ブロードバンド通信が提供できるようになります。また、IPベースのため、従来の電話だけでなく、映像配信やデータ通信などのサービスがより幅広く利用できるようになります。

NGNの機能

NGNには、通信事業者が責任を持って信頼性と品質の高い通信サービスを提供するため、エンドエンドでのQoS(帯域)保証機能、リアルタイムにマルチメディア通信を提供する機能、セキュリティ機能などが備わり、さらに異なるアクセス方式(有線、無線)にまたがって同じサービスを連続的に提供できる「IMS(IP Multimedia Subsystem)」と呼ばれる機能も実装されます。

これによって、従来の公衆電話網と同等以上のサービス品質が保証され、さらに一台の電話機で固定電話と携帯電話の両方が使える「FMC(Fixed Mobile Convergence)」と呼ばれる新しいサービスが容易に実現可能となります。

NGNのSDP

NGNでは、通信事業者がサードパーティに対して、NGNの機能を使ったアプリケーションを容易に構築できるプラットフォームである「SDP(Service Delivery Platform)」を提供します。これにより、サードパーティは、SDPを利用して、NGNの機能を取り入れた新しいサービスを開発し、利用者の様々なニーズに対応したサービスを提供することができるようになります。