高性能樹脂

読み方: こうせいのうじゅし
英語名: High-Performance Resin
分類: ビジネス・産業|材料

高性能樹脂は、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレン、ポリ塩化ビニルなどの汎用樹脂と比べて、耐熱性や耐衝撃性、強度に優れた樹脂の総称をいいます。

一般に樹脂には、「天然樹脂」と「合成樹脂」の2つがあり、天然樹脂が樹皮より分泌される不揮発性の固体または半固形体の物質であるのに対して、合成樹脂は有機化学の発達により合成されるようになった天然樹脂と良く似た性質を持つ物質をいい、化学業界で単に「樹脂」と言った場合は「合成樹脂」を意味します。また、合成樹脂の中で、汎用樹脂よりも対衝撃性や耐熱性、加工性などの素材としての性能を高めたのが「高性能樹脂」です。

近年、高性能樹脂は、環境問題への対応で軽量化を急ぐ自動車向けなどで金属の代替材としても注目されています。また、高性能樹脂の中で、電気製品や自動車などの構造材や機能部品に使われているものは、「エンジニアリング・プラスチック(Engineering Plastic)」と呼ばれることもあります。

・ポリカーボネート:透明性が高く、対衝撃や寸法安定性に優れる
・ポリブチレンテレフタール:剛性が高く、耐熱や電気的性質に優れる
・ポリアセタール:耐摩耗性、耐疲労性に優れる
・ポリアミド:耐摩耗性や耐薬品性に優れる