再生可能エネルギー

読み方: さいせいかのうえねるぎー
英語名: Renewable energy
分類: ビジネス・産業|エネルギー

再生可能エネルギーは、自然環境の中で繰り返し起こる現象から取り出すエネルギーの総称をいいます。これは、自然界に存在し、繰り返される現象であるエネルギー流に由来し、また自然界の営みによって、それを利用するのと同等以上の速度で再生されるエネルギー源を指し、具体的には、太陽光や太陽熱、水力や風力、バイオマス、地熱、波力、潮力などが挙げられます。

一般に再生可能エネルギーは、一定期間に供給されるエネルギーは限定されるものの、半永久的に利用できるのが大きな特徴となっています。一方で、エネルギー密度が低く、コスト高や不安定性があり、今日の生活様式を継続する中で、エネルギー需要を賄いきれるものではないなどの弱点もあります。なお、本用語は、有限で枯渇の不安がある化石燃料(石油、石炭、天然ガス、シェールガスシェールオイルオイルサンドオイルシェール等)や原子力(ウラン)と対比する場合にも使われ、また「代替エネルギー」とほぼ同義で用いられることも多いです。

現在、再生可能エネルギーは世界的に注目されており、ドイツでは2000年に「再生可能エネルギー法(REL)」が施行され、一次エネルギー消費および電気の消費において、再生可能エネルギーの割合を2050年までに50%に引き上げることを目標として掲げています。また、日本では「石油代替エネルギーの開発及び導入の促進に関する法律(代エネ法)」や「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法(新エネ法)」などがエネルギー政策として施行されており、再生可能エネルギーの占める割合を将来的に増大させるとしています。