サンクコスト/埋没費用

英語名: Sunk costs
分類: ビジネス・産業|概念

サンクコストは、「埋没費用」とも呼ばれ、経済学の概念で、既(過去)に支出され、どのような意思決定をしても回収できないコスト(費用)のことをいいます。これは、投資や生産、消費などの経済行為に投じた固定費のうち、それを途中で中止・撤退・白紙にしたとしても回収できない費用を指し、例えば、企業の新規事業、政府の大型公共事業、個人の株式投資など広範な経済活動を継続するのか、それとも中止するのかを判断する際に使われます。

一般に意思決定にあたっては、既に費やした資金・労力・時間を惜しんで、再生不能な経済活動を継続すると、さらに損失が拡大する恐れがあることから、サンクコストは無視するのが合理的とされています。その一方で、投下(支出)額が大きいほど、元を取り戻そうとする心理が強く働き、意思決定が歪められるため、その経済行為を中止できなくなることも多いです。