液化天然ガス(LNG)

読み方: えきかてんねんがす
英語名: Liquefied Natural Gas (LNG)
分類: ビジネス・産業|エネルギー

液化天然ガスは、「LNG」とも呼ばれ、メタン(CH4)を主成分とする天然ガスから、水分・硫黄化合物・二酸化炭素などの不純物を除去した後に、超低温で冷却・液化したものをいいます。通常、天然ガスは、マイナス160度程度で液化しますが、液化すると気体の約600分の1の体積となり、その輸送や貯蔵が便利になります。これにより、天然ガスのピークシェービング(時間的に変動する需要のピークに対応するための供給サイドの特別な対策)の手段として、LNG化して一時貯蔵したり、パイプラインによる天然ガス輸送が不可能な海上輸送の場合などにLNG化されます。

一般に天然ガスを液化して海上輸送する事業は、技術的には1959年に貨物船を改造したLNGタンカーによって、米国のルイジアナで液化された天然ガスを大西洋を渡って英国まで輸送する試みに成功したことで、その道が開かれました。そして、アルジェリアで大量に発見された天然ガスをヨーロッパに輸送して利用したいというニーズ(課題)に対して、1964年にアルジェリアに本格的な液化工場が建設され、また新たに設計・建造されたLNGタンカーによって、その輸出事業が成功したことにより、今日に至る「液化天然ガス事業」の事実上のスタートとなりました。

現在、日本では、液化天然ガスは、発電所の燃料や都市ガスとして主に利用されています。また、その特質として、石油や石炭などの他の化石燃料と比べて、燃焼による二酸化炭素の発生量が2~4割と少なく、しかも硫黄酸化物や煤塵の排出がほとんどないため、環境面でクリーンなエネルギーとしても注目されています。

<液化天然ガスの生産から消費までの流れ>

1.油田やガス田で生産された天然ガスから、液化基地において脱水・酸性ガス除去・水銀除去のプロセスで、水分・酸性ガス・水銀などが除去され、重質分が抽出される。

2.精製された天然ガスは、LNG製造プロセスで冷却液化され、LNGタンクに一時貯蔵されてから、LNGタンカーで海上輸送される。

3.海上輸送されて、LNG受入基地のLNGタンクに貯蔵された後、LNG気化装置によって天然ガスに戻され、パイプラインによって消費者に供給される。