ダイレクト・ディール原油

読み方: だいれくとでぃーるげんゆ
英語名: Direct deal crude oil
分類: ビジネス・産業|エネルギー

ダイレクト・ディール原油は、「DD原油」とも呼ばれ、産油国が消費国へ直接販売する原油のことをいいます。これは、1972年末に、ペルシャ湾岸産油国が石油会社代表と結んだリヤド協定により、産油国が石油メジャーに任せていた原油の生産事業に参加し、原油処分権を獲得したことで実現したものです。特に1978年のイラン革命を契機に、産油国がメジャー経由から直接取引へ原油販売方式を切り替えたため、その後、DD原油の取引が急増することになりました。現在、日本は、原油輸入の約8割を産油国との直接取引で調達しており、特に最大輸入国であるサウジアラビアの品質の高い軽質原油「エキストラライト」は、価格面でも注目されることが多いです。また、DD原油に対して、産油国と消費国の政府間で直接取引が行われる原油のことを「GG原油(Government to government crude oil)」と呼ぶこともあります。

一般に日本のダイレクト・ディール原油の値決めは、事前に輸入契約数量を決める、後に決まる基準価格に増減するプレミアム(割増金)やディスカウント(割引金)の調整額を産油国が事前に一方的に決める、アジア向け中東産原油の指標であるドバイ原油とオマーン原油との月間平均価格を基準価格とする、といった仕組みになっています。また、商慣習の一つとして、両油種の現物価格については、世界的なエネルギー関連情報の配信会社であるプラッツ社(Platts)がアセスメントする価格を対象としています。

軽質原油の主な特色

・比重が小さく、粘りけの少ない原油である
・揮発油分が多く、ガソリン軽油、ジェット燃料を多く精製できる。

ダイレクト・ディール原油の値決めの仕組み

ダイレクト・ディール原油の価格=
(ドバイ原油の月間平均価格+オマーン原油の月間平均価格)/2
 +(油種毎の調整金:割増金は+、割引金は-)

※取引量は1年毎、取引価格は月毎に決定
※原油価格は日々変動する取引価格(WTI原油先物価格に影響)