専属輸送

読み方: せんぞくゆそう
分類: ビジネス・産業|運輸

専属輸送は、運輸業界全般で使われる用語で、「チャーター便」とも呼ばれ、特定の目的を達成するために共用されている交通機関や輸送機関の一部または全部を借り切ることをいいます。現在、その対象には、飛行機や船、トラック、バス、鉄道などがあります。

一般に航空業界(飛行機)の専属輸送では、旅行会社などが航空会社に要請して運航する場合や、旅行会社などの要請なしで航空会社が自らの判断で運航する場合があります。通常、航空当局同士が協定を結んで運行される週1便・1日1便などの定期便では、仮に搭乗客がゼロでも飛ばなければなりませんが、チャーター便では、航空協定の対象外のため、定期便が運航していない時間帯を利用して、季節需要などに応じて、機動的に旅客便や貨物便を運航することができます。

なお、トラック運送業界においては、専属輸送と言った場合、特定の荷主の多くの商品をトラック1台を契約して輸配送を行うことを意味します。