測位衛星

読み方: そくいえいせい
分類: ビジネス・産業|人工衛星

測位衛星は、地球上において、人や物体の位置を正確に把握するための人工衛星をいいます。また、これを活用した「測位衛星システム」は、地殻変動の監視から測地・測量、軍事作戦、天気予報、カーナビゲーションシステム(カーナビ)や携帯電話等による道案内、ロボットや機械の制御、ネットワークの時刻同期まで非常に幅広い分野で活用されています。その仕組みは、位置を知りたい人や物体に予め専用受信機を付けておき、複数の衛星から電波を発し、これを受信機で受けて計算処理することにより、現在位置が割り出されます。

元々、測位衛星は、米国が軍事用に開発し、その後、カーナビなどの民生用途にも幅広く利用されるようになりました。現在の測位衛星システムの種類として、米国が運用中の全地球測位システム(GPS:Global Positioning System)が代表的ですが、それ以外にもロシアが運用中のGLONAS(Global Navigation Satellite System)、中国が運用中の北斗、欧州が整備中のGalileo、インドが開発中のGAGANやIRNESSなどがあります。また、日本においては、日本のほぼ天頂(真上)を通る軌道を持つ人工衛星を複数機組み合わせた「準天頂衛星システム(QZSS:Quasi-Zenith Satellite System)」を整備中です。