軽油

読み方: けいゆ
英語名: Light oil
分類: ビジネス・産業|エネルギー

軽油は、原油を常圧蒸留して各種の留分を得る際に、灯油重油の中間で得られる留分をいいます。これは、沸点範囲がおよそ170~370度の炭化水素成分で構成されており、黄色みがかった色のついた透明の油となっています。また、その用途としては、主としてトラックやバス、鉄道車両、船舶等のディーゼルエンジン用の燃料として使用されているほか、発電、農業・建設機械のディーゼルエンジン用の燃料、ボイラー等の加熱用の燃料としても使用されています。

現在、日本のJIS規格では、流動点の違いにより、特1号、1号、2号、3号、特3号の5種類に分類しており、夏期は1号または特1号、冬期は2号(寒冷地は3号、特3号)と、季節により使い分けるようになっています。なお、ディーゼルエンジンに使用する燃料としては、着火性や動粘度、低温特性、潤滑性が適切な範囲であることが必要となります。