格安航空会社(LCC)

読み方: かくやすこうくうがいしゃ
英語名: Low Cost Carrier
分類: ビジネス・産業|空運

LCCは、「Low Cost Carrier(ローコストキャリア)」の略で、日本語で「格安航空会社」とも呼ばれ、効率的な運営により低価格の運賃で航空輸送サービスを提供する航空会社のことをいいます。これは、欧米の航空自由化を契機に登場し、現在では世界的に航空業界の規制緩和が進行する中で各国に誕生しています。その代表的な会社には、米国のサウスウエスト航空やジェットブルー航空、アイルランドのライナンエアー、英国のイージージェット、ブラジルのゴル航空、インドネシアのライオンエア、マレーシアのエアアジア、シンガポールのタイガーエア、フィリピンのセブパシフィック航空、中国の春秋航空や吉祥航空、日本のピーチやジェットスター・ジャパンなどがあります。

一般にLCCは、低コストを実現するために、既存の大手航空会社とは異なるビジネスモデルを採用しています。具体的には、特定区間に絞り込んだ路線の設定(短距離、短中距離)、機内サービスの簡略化(機内食の廃止や有料化等)、航空券の販売コストの低減、使用料の安いLCC専用ターミナルの利用、運航機種の絞り込み(統一)、人件費の節減などが挙げられます。なお、LCCは、シェアを伸ばし急成長する企業がある一方で、事業停止や経営破綻に追い込まれる企業も多く、その競争は世界的に激しさを増しています。