環境対応車

読み方: かんきょうたいおうしゃ
英語名: Eco car
分類: ビジネス・産業|自動車

環境対応車は、「低公害車」や「エコカー」とも呼ばれ、環境への負荷が小さいクルマの総称をいいます。これは、従来のガソリン車やディーゼル車に比べて、排気ガスによる大気汚染物質(窒素酸化物や硫黄酸化物等)や地球温暖化物質(二酸化炭素等)などの排出が少なく、地球環境への負荷が小さい自動車のことを指します。また、多くの場合、走行時の音も静かで、交通騒音問題の対策としても有効と言われています。

一般に環境対応車といった場合、「ハイブリット自動車」や「電気自動車」、「燃料電池車」、「天然ガス自動車」、「メタノール自動車」が代表的であり、これに加えて「低燃費・低排出ガス認定車」が含まれることも多いです。現在、環境対応車は、世界中で注目されており、社会的な普及が政策面でも支援されていますが、その一方で走行性能の向上や車両価格の低下、エネルギー充填スタンドの整備などの課題も残っています。

●ハイブリッド自動車

ガソリンエンジンと電動モーターの二つの動力を効率良く切り換えて走る自動車。燃費が非常に良いため、ガソリンの使用量を減らせ、排気ガスも減らせる。

●電気自動車

バッテリーからの電気でモーターを動かして走る自動車。走行時は排気ガスを一切出さず、音も静か。

●燃料電池車

燃料電池で発電しながら走行する電気自動車。水素を燃料に用いるため、エネルギー効率が高く環境にも優しい。

●天然ガス自動車

ガソリンの替わりに天然ガスを燃料にして走る自動車。有害物質や二酸化炭素の排出量が少ない。

●メタノール自動車

ガソリンの替わりにメタノールを燃料にして走る自動車。有害物質や二酸化炭素の排出量が少ない。